So-net無料ブログ作成
検索選択
デジモノ ブログトップ
前の10件 | -

車載用のハンズフリーヘッドセット(イヤフォン)を購入しました! [デジモノ]

どうもです。

タイトルのものですが、日本製ではありません。

Abusun Car Charger Bluetooth Headset 

というのが正式名称です。Abusunというブランドです。
以前に車載用のハンズフリーヘッドセットをAmazonで物色していたのですけど、
たまたま買いたい候補に入っていたこの製品がタイムセールで49%OFFになっていたのです。

まあ、車を運転中にスマホに電話が入ることが結構あるので、こういった製品がほしかったのです。
イヤフォンタイプではなく、オープンタイプのものもあったのですが、同乗者に会話の全容が
分かってしまうのもなんなんで、こちらにしました。

この製品の副産物をもう書いてしまいますが、先月購入したAPlayイヤフォンの自動読み上げ機能
(APlayアプリ:スマホの通知を読み上げてくれる・・・ツイッターなどの文章も読み上げてくれる)
が、機能することがわかったのです。

おそらく、この製品もBluetooth接続のイヤフォンなので、APlayアプリと相性がよかったのでしょう。
車を運転中も安全にスマホの情報を聞くことが可能になります。

 

ということで、開梱の儀。色はゴールドとシルバーがありますが、ゴールドを選びました。

DSC_0130_R.JPG 

この製品には、充電用の1Aと2.1AのUSB端子も備わっています。 

DSC_0128_R.JPG

DSC_0126_R.JPG

DSC_0127_R.JPG

開けました。イヤピースのサイズ違いが2個とUSB延長ケーブルが同梱されていました。

DSC_0132_R.JPG

製品の先っぽは、非常用ハンマーになっているアイディアもGoodです。
非常時に車のガラスを割ることができます。USB端子も見えますね。 

DSC_0133_R.JPG

DSC_0134_R.JPG

イヤフォンを外してみます。着信があった場合、取り外すと受話、元に戻すと終話になります。

DSC_0135_R.JPG

イヤフォン部。

DSC_0136_R.JPG

マイクの穴が空いています。反対側にも空いていましたが、あれもマイクかな・・・

DSC_0138_R.JPG

Bluetoothのペアリング。Xperia XZ(Android7.0)で。
Q600がこの製品。APlayも入っています。

Screenshot_20170301-171249_R.jpg 

信頼できる端末にしておきましたが、必要なかったかも。。 

Screenshot_20170301-184418_R.jpg

Screenshot_20170301-184441_R.jpg

写真がアレですが、ソケットに挿した様子。これで充電もされます。

DSC_0141_R.JPG

取説。日本語じゃないし、見づらい。。ちなみにペアリングはイヤフォンの天井部分
(スイッチになっている。)を8~10秒長押しするとペアリングできます。)

2017年03月01日23時37分28秒0001_R.jpg

2017年03月01日23時37分28秒0003_R.jpg

2017年03月01日23時37分28秒0004_R.jpg

2017年03月01日23時37分28秒0002_R.jpg

まあ、楽しく使わせていただきます。

 



 


nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

音声アシスト搭載ヒアラブル「APlay/エープレイ」NA1L(イヤフォン)を購入しました! [デジモノ]

どうもです。

タイトルのものですが、株式会社ネインさんがクラウドファンディングで
集めたお金で開発したワイヤレスイヤフォンです。

スマホの通知を音声で読み上げてくれたり、音楽を聴くこと、通話もすることが
できます。

http://www.nain.jp/aplay/na1l/

同じような(というと語弊があるかもですが)もので、ソニーのXperia Ear XEA10も
ありますが、こちらのほうが、安価で色々な事が出来るかもです。
音楽もステレオで聴けるし。

APlayアプリは、細かく改良を加えられているようで、その辺もGoodです。

 

では、開封の儀。

DSC_0113_R.JPG

フタ?はマグネットでとまるようになっています。

DSC_0114_R.JPG

DSC_0115_R.JPG

DSC_0116_R.JPG

DSC_0117_R.JPG

DSC_0119_R.JPG

イヤピースは大中小の3種類。初めから本体に付いているのは「中」のようです。

DSC_0120_R.JPG

私の耳には「小」が合うようです。
このままでもいいのですが、外れそうなのでサポート部品?(小)を付けました。

DSC_0121_R.JPG

こんな感じ。

DSC_0123_R.JPG

コントローラー部。ここの横に充電用microUSB端子があって、ゴムでフタがされています。

DSC_0124_R.JPG

Google PlayからAPlayアプリをインストール

Screenshot_20170130-113536_R.jpg

あとで、付属の取説を載せますが簡素です。
このアプリのセットアップ時の説明が取説を兼ねているようです。

Screenshot_20170130-113641_R.jpg

ペアリング
先にペアリングを済ませてもよいし、ここでペアリングしてもよいようです。 

Screenshot_20170130-113916_R.jpg

Screenshot_20170130-114005_R.jpg

Screenshot_20170130-114128_R.jpg

Screenshot_20170130-114305_R.jpg

Screenshot_20170130-114327_R.jpg

Screenshot_20170130-114346_R.jpg

Screenshot_20170130-114400_R.jpg

Screenshot_20170130-114421_R.jpg

読み上げるアプリを選択します。デフォルトでは全部選択されていました。 

Screenshot_20170130-114458_R.jpg

セットアップ終了。
紙の取説が詳しくないので、以上である程度覚えなくてはなりません。
※2017.01.31注)株式会社ネインさんのAPlayのホームページに
 マニュアルの項目があります。こちらを参照するとよいと思います。
 

Screenshot_20170130-115704_R.jpg

使っているとこういう選択もできます。

Screenshot_20170130-115847_R.jpg

Screenshot_20170130-115925_R.jpg

紙の取説です。

2017年01月30日10時56分05秒0001_R.jpg

2017年01月30日10時56分05秒0002_R.jpg

2017年01月30日10時56分05秒0003_R.jpg

2017年01月30日10時56分05秒0004_R.jpg

 

使った感想・・・と言っても、まだほんの少しですが、
面白いです。スマホ(私の場合はXperia XZ)の画面を確認する手間が
結構省ける感じです。

私はAmazonで手に入れましたが、レビューに、充電時、
「オレンジのLEDで充電中、充電完了が白のLED点灯」が取説に書かれていない、
など、まだ少しそういう部分が洗練されていない感じもあります。

まだ、ユーザー数も少ない感じですが、確実に面白くて便利な
Bluetoothイヤフォンだと思います。

15分おきに時刻の通知も自動的にしてくれますし、選択したアプリに
受信が入ると読み上げてくれるし、もっと使い込んでみたいと思います。

あと、OSはAndroidに対応していて、iPhoneはこれから対応のようです。

APlayアプリのアップデートでの機能アップにも期待します。

 



 

最初の製品も扱っているようです。



 

 


タグ:APlay NA1L

au版Xperia XZ SOV34をAndroid7.0 Nougat(ヌガー)にアップデートしました。 [デジモノ]

どうもです。

タイトルのとおり、au版Xperia XZをヌガーにアップデートしました。

公式には、au版は1月18日18:00からアップデート開始OK、1月20日にメールで
アップデート可の通知が来る予定でした。

ですが、18:00前からダウンロードが可能になっていました。
ネットの掲示板によると15:00頃からすでにダウンロード可能だったようです。

ちなみに、docomo版のXperia XZはもうすでにアップデートサービスが始まっています。

 

私は17:26にダウンロード可能を確認。 

Screenshot_20170118-172827_R.jpg

ダウンロード終了。 

Screenshot_20170118-173058_R.jpg

更新の確認。今すぐインストールへ。 

Screenshot_20170118-173128_R.jpg 

インストール中です。。画像が見苦しくてすみません。

2017-01-18 17.35.04_R.jpg

2017-01-18 17.58.46_R.jpg

更新されました。更新時間は40分くらいでした。

Screenshot_20170118-180544_R.jpg

ヌガーの売りのひとつ、マルチウィンドウ。

Screenshot_20170119-121310_R.jpg

更新後の感じとしては、タッチ操作もサクサク感が増した感じで、
使い勝手もよろしいです。

バッテリーの保ちも多少よくなった感じがします。
まあ、イロイロいじってみたいと思います。

ところで、マルチウィンドウが可能になるのなら、タブレットも魅力が出てきます。
ですが、ソニーモバイルはXperia Tabletから撤退?しています。

なので、一瞬本気で既存のXperia Z4 Tablet とか欲しくなりました。
au Online Shopではまだ取り扱っているんですよね~。

Xperia Z4 Tabletもヌガーへのアップデートが可能になっています。 

 

 

 


Xperia XZ にUSBマウスを接続~[AUKEY USB C to USB 3.0 変換アダプタ ] [デジモノ]

どうもです。

またまた、Xperia XZ 用にUSB Type-C のアダプタを購入しました。
いくつ目?(苦笑)

今まで購入してきたUSB Type-C アダプタやケーブルはOTG(On-The-Go)機能が
ありませんでした。

で、今回の製品、USB Type-CとUSB Aを備える変換アダプタとなっています。
しかも、OTG機能対応を謳っています。

 

外箱。まるでマッチ箱のように簡素です。

DSC_0107_R.JPG

中身です。アダプタと説明書(保証書?)

DSC_0108_R.JPG

小っちゃいです。

DSC_0110_R.JPG

DSC_0111_R.JPG

USBマウスに装着します。

2017-01-07 17.37.02_R.jpg

Xperia XZ のUSB Type-C端子に挿します。

2017-01-07 17.37.29_R.jpg

で、認識されれば、マウスカーソルが・・・しかし、マウスカーソルが表示されません。
不良品か?とも思いました。だって、Xperia Z1 の時は別のOTGアダプタで挿すだけで認識していました。 

正解は、Xperia XZ にはUSB機器を認識させる設定があるのでした。

設定を開きます。

Screenshot_20170107-173524_R.jpg

Screenshot_20170107-173748_R.jpg

機器接続をタップ。 

Screenshot_20170107-173803_R.jpg

USB接続設定をタップ。 

Screenshot_20170107-173817_R.jpg

USB機器を検出をタップ。 

Screenshot_20170107-173827_R.jpg

説明が表示されてOKをタップ。 

Screenshot_20170107-173846_R.jpg

マウスが認識されました。ランプが光っています。

2017-01-07 17.39.35_R.jpg

カーソルも表示されました。

2017-01-07 17.44.20_R.jpg

カーソルがハッキリ見えるように、エディタ(Jota+)を起動。

2017-01-07 17.46.40_R.jpg

Xperia Z1 とは違い、USB機器を認識させる設定がチョット面倒ですが、無事認識されました。
同様の手順で、USBメモリも認識します。ファイラー(ESファイルエクスプローラなど)からアクセス出来ます。

あと、XZ本体の設定でこういうのも・・・

Screenshot_20170107-173949_R.jpg

 

OTG仕様のアダプタも探していたので渡りに船でした。
使用頻度は少ないかもしれませんが、1コは持っていたい周辺機器です。

また、スマホにUSBのマウスやキーボードを使うことができます。

 

 



 

 


Xperia XZ 用にまたもや、USB Type-Cケーブルを購入しました! [デジモノ]

どうもです。

前の記事で、阪神タイガースのカレンダーを1,216円で買いましたが、
Amazonでは、現在プライム会員になっていないと2,000円以上買わないと
送料が350円かかってしまう。。

プライム会員になればいいのですけど、なぜかならない。

で、ギリギリ2,000円を超えるように買うのですが、このType-Cケーブル
899円で買うことで解消しました。

Type-C端子を使っているのは現在、Xperia XZだけなんですけど、
対応端子のもの7つ目です。アホでしょ。。(汗)

 

パッケージは簡素。

DSC_0084_R.JPG

DSC_0085_R.JPG

ただし、ケーブルの長さが15cm。ここに注目しました。

DSC_0086_R.JPG

しかも、急速充電に対応していて、ケーブルもシリコンを使っていて柔らかく、扱いやすい。
モバイルバッテリーとXperia XZをつなぐのにちょうどよいと思ったわけでして。。

2016-12-22 10.01.26_R.jpg

端子部も抜き差しジャストフィット

2016-12-22 10.01.43_R.jpg

 

ただ、これだけのことですけどね。。

あと、後日、記事にしよーかなーと思っているんですけど、Xperia XZとノートPCのテザリングに・・
このケーブルを含む、有線で行おうかとのもくろみもありまして。。

何で、Wi-Fiテザリングとか、Bluetoothテザリングとか無線のほうが使いやすいのに
今さら有線を使おうと思ったのか。。

無線だとバッテリーの減りが早いですけど、ノートPCとUSB接続すればXZに充電しながら
テザリングが出来るという。。そういう理由です。

まあ、それは、あとでね。

 



 

 

 


Xperia XZ用に、Anker製のPowerCore Speed 10000 QC (Quick Charge 3.0対応) (モバイルバッテリー)その他を購入しました! [デジモノ]

どうもです。

前の記事からQuick Charge 3.0(QC3.0)の検証が甘いまま、
またも、QC3.0対応の製品を購入しました。

お題のとおりのモバイルバッテリーと、QC3.0対応品のUSB Type-C関連の
ケーブル、USB変換アダプターなどです。

購入製品は、

・PowerCore Speed 10000 QC (Anker製)

・USB-C to Micro USB Adapter (Anker製)

・USB2.0 USB-C Male USB-A Male Sync & Charging Cable
  For Type-C supported devices (Tronsmart製) 

です。

※2016.12.06追記:  Amazonで12.06~12.12までサイバーマンデーが行われて
 いますが、12.10~12.12までAnker製品が最大30%OFFになります。
 紹介した「PowerCore Speed 10000 QC」なども、700円ほど安くなるようです。
 くやしー!

 

・PowerCore Speed 10000 QC (Anker製)
 QC3.0サポートの10000mAhのまあまあ大容量のモバイルバッテリーです。

 注)左側に写っているのはXZの充電台なので、ムシしてください。 

DSC_0012_R.JPG

開梱。また、簡略の取説付き。

DSC_0013_R.JPG

microUSBの充電ケーブルとポーチも付属しています。

DSC_0014_R.JPG

入出力口。

DSC_0015_R.JPG

背面に、Qualcomm Quick Charge 3.0 の文字が。

DSC_0016_R.JPG

このとおり、容量の割には小ぶりかと。。

DSC_0017_R.JPG

 

・USB-C to Micro USB Adapter (Anker製)
  QC対応品ということで、購入してみました。auのアダプターもあるのですが、QC対応とは謳っていないので。

DSC_0018_R.JPG

2個セットです。

DSC_0020_R.JPG

このように小さいです。

DSC_0021_R.JPG

Type-Cアダプタが3つになってしまいましたが、性能はどうなのでしょう。

DSC_0022_R.JPG

 

・USB2.0 USB-C Male USB-A Male Sync & Charging Cable

  For Type-C supported devices (Tronsmart製)

 QC3.0対応を謳っているType-C対応のケーブルです。白黒2本セット。

DSC_0023_R.JPG

DSC_0024_R.JPG

これも、au純正のケーブルと合わせて3本になってしまいました。でも、auのものはQC3.0対応と謳っていません。

DSC_0025_R.JPG

 

で、すべてQC3.0対応の充電器、モバイルバッテリー、ケーブルと揃えて充電スピードがどうなのか
少しだけみてみました。

理論値では、QC3.0は35分で80%充電可能と謳っています。

Xperia XZのバッテリーをゼロまで使い果たしたことはまだないのですが、
20%から対応モバイルバッテリーで、充電してみたところ85%充電まで40分くらいでした。
99%までだと1時間チョットくらい。(80%からはゆっくり充電されます。)
おっと、、XZの電源は入れている状態です。

十分に速いとまではいきませんが、それでもやはり速いほうではないでしょうか。
実測値はやはり、QC2.0レベルの充電速度なのかな。。

auのケーブル、変換アダプタは、細かい仕様を公表していないのでこういう時に困るのですが、
結果的には使ってみて、今回新規購入したものと遜色はないようです。

あ~ぁ、QC検証のために、USB Type-C関連のものが6コになってしまった・・・(汗)
Type-CのUSB端子のホストは1コ(XZね)なのに。。

これからはPCにもどんどんType-CのUSB端子は増えていくでしょうから先行投資ということに
しておきましょうか。。

 

あとですね、少々気になっていたことが、ひとつあるんです。
これらのType-CのものはOTG(On-The-Go)に対応しているのかなぁ、と。

Xperia Z1 を使っていた時には、microUSB対応ケーブルや変換アダプタは
OTGに対応していたので、有線でのマウスなどが認識されてZ1をマウスで使うことが可能でした。

今回のモノ達は?

結果から書くと、OTGに対応していませんでした。ただし、データ転送はPCと出来ました。

余談ですが、Windows10(Anniversaryアップデート対応)につなぐと自動で以下の
画面が表示されました。(特にドライバを入れなくでも認識される)

2016-11-24 01.48.44_R.jpg

ファイルの転送を選ぶと、、PC側で、、

2_R.JPG

Windows10のモバイルコンパニオンというのが起動します。
(PCからドライブのようにも認識されている。)

AAA_2_R.JPG

Windowsを選ぶと、、Windows Mobileとの接続画面になります。

AAA_R.JPG

Androidを選ぶと以下のようなメニューが表示されます。(iPhoneを選んでも項目は同じ)

_2_R.JPG

Windows10になって、スマホとの連携も考えられているようです。

ただ、OTGのほうはどうなっているのかが、気になります。
USB Type-C対応品がOTGに対応していないのか、スマホのほうが対応していないのか。。

確かに、Anker製のType-Cアダプタは、OTGに対応していない、とAmazonでは謳っていました。
(小っちゃい字でね。。)

XZが対応していなかったら退化ですよね。それともAndroidOSのせい?
Z1の時は、調べるとスマホ側でも対応が必要、とありました。

どうなんでしょうね。OTGに対応しているとマウスやキーボードが有線で使えるのですけど、、
今はBluetooth接続が一般的なので端折っちゃったのかな。。

不明です。。

ということで、今回はこの辺で。

 

 





 

 

 


Xperia XZ用に、Anker製のPowerPort+3 with Quick Charge 3.0 (充電器)を購入しました! [デジモノ]

どうもです。

Xperia XZ用に純正品の「ACアダプター  UCH20C」を購入しようと
ソニーストアを張っていますが、未だ購入可能になる気配なく。。

そして、色々と調べていくと、「UCH20C」は、急速充電のクイックチャージ3.0 に
対応していない様子であることがわかりました。

同じソニー製でも、海外ではクイックチャージ3.0 対応品が出ているようで
なぜ、日本では発売しないのか不思議ですが。。
XZ自体はクイックチャージ3.0 に対応しています。

なので、ネット上で色々情報を探した挙げ句に見つけたのは、Anker製の充電器でした。
評判を見ると結構良いモノのようです。(てか、Anker製品は結構有名ですが。。)

で、Amazonで色々種類があるので、どれにしようか迷いましたが、
Quick Charge 3.0(QC3.0)x1、PowerIQx2の3個口のモノをチョイスしました。
PowerIQというのもAnkerの急速充電の独自規格のようです。

DSC_0001 (2)_R.JPG

開梱の儀。

DSC_0003 (2)_R.JPG

DSC_0004 (2)_R.JPG

後から出てきた取説?簡略過ぎて意味がわかりませんが。。

DSC_0011 (2)_R.JPG

表面は廃熱を考えてかアルミ製です。なかなか良い。

DSC_0005 (2)_R.JPG

QC3.0x1、PowerIQx1の製品と迷いました。こちらは、7cmx7cmx2.5cmで少々デカイ。
ですが、給電部のUSB端子が全3個あり、ソケット部分が折りたためるので問題なしとしました。

DSC_0006 (2)_R.JPG

DSC_0007 (2)_R.JPG

DSC_0010 (2)_R.JPG

DSC_0008 (2)_R.JPG

で、注目の急速充電(QC3.0)ですが、カタログ値では、わずか35分で80%の充電とのことです。
ですが、実は試していません。私は、就寝前にスマホの電源を落として充電に入り、朝、充電完了
しているので、電源を入れる、というパターンだからです。何かの急用がない限り就寝中も電源を
入れておくことはありません。なので、普通の充電器でも良いかといえばよかったのですが。。

でも、急用で急速充電が必要になる時には威力を発揮してくれるでしょう。

ただ、ネットのレビューを見ると、QC3.0の下位規格QC2.0程度の速度しか出ないとの話もあります。
この充電器は充電ケーブルも選ぶようです。ケーブルによっては能力を発揮しないものもあるようです。
一番良いのは、Anker純正のUSBケーブルを使うことです。

QC3.0で、XZの充電を試したことも当然にしてありますが、前にも書いたとおり寝てしまうので、
急速充電を検証出来てません。
ただ、夜、充電器につけて朝、外して電源を入れるならPowerIQポートでも良い、という考えもあり、
PowerIQポートに接続して少し様子を見ましたが、PowerIQポートでも結構速く充電していた印象です。
(少し様子を見てましたが、60分近くで半分近く充電出来ていたようです。)

しかしながら、これは私の環境で私の主観が入っているので、これから手に入れる方は
しっかり、検証してみてください、スミマセン。

使い方は急な外出で急速充電が必要になった時や出張や旅でQC3.0を使えば良いかな、
というところです。

ところで、Xperia XZには「いたわり充電」という機能もありますね。
使用者の充電サイクルをサンプリングして、使う頃に充電を終わらせる機能です。

でも、注意したいのは、「QC3.0対応」と「いたわり充電」は別のもの、ということです。

まあ、要は使いたい時に充電が完了していればいいわけで、あまり深く考えないで
使っていこうと思います。

 

あと、予告?として、QC3.0に対応したAnker製のモバイルバッテリーも購入しました。
明日(11月21日)到着予定です。むしろ、こちらのほうが重宝するかもですね。

 

で、前の記事の

・MicroB-TypeC変換アダプタ 0601PHA
ソニーモバイル卓上ホルダ02 02SOPUA

ですが、私は11月15日に購入して、翌日から「在庫なし」になっていますが、
本日、11月20日も「在庫なし」です。そんなに品薄だったのかぁ。。
よく買えたものです。

 

私が購入したのはコレです↓ 



 

 

で、迷ったのがコレ↓



 

 

 

で、今、発注中なのが、コレ↓



で、これが、専用ケーブル↓



 

 

ということで、また。

 

 


au のオプション品(アクセサリ)購入:MicroB-TypeC変換アダプタ、ソニーモバイル卓上ホルダ02 [デジモノ]

どうもです。

タイトルのとおり、Xperia XZ用のアクセサリをau online shop で2点購入しました。

発注は11月15日夜、到着は11月17日。

・MicroB-TypeC変換アダプタ 0601PHA

ソニーモバイル卓上ホルダ02 02SOPUA

11月16日夜にau online shop を再び見ましたが、どちらも「在庫なし」になっていました。
11月17日現在も「在庫なし」です。

どうやら、ギリギリ在庫があるうちに注文できた様子です。

 

・MicroB-TypeC変換アダプタ 0601PHA

DSC_0001_R.JPG

変換アダプタと取説。

DSC_0004_R.JPG

小さいです。

DSC_0005_R.JPG

ストラップホールもついています。

DSC_0007_R.JPG

microUSB のケーブルや充電器はあったので、この製品が早く手に入っていれば、
Type-C変換コネクタ付両面USBケーブル U03」 を入手しなくても済んだのかもしれません。

しかしながら、タイミング的には「Type-C変換コネクタ付両面USBケーブル U03」を買っていなければ
Xperia XZ の入手タイミングに間に合わなかったのですから、仕方がありません。

MicroB-TypeC変換アダプタは、Amazon等でも安価に販売していましたが、レビューなどを参考にすると、
XZ にはめ込んだ場合、ユルユルだったり、簡単に破損したりということがあるようで、それなりに高価ですが、
純正品がやはり安心でした。ピッタリ程よく装着出来ます。

 

ストラップホールに阪神タイガースのストラップを取り付けました。これをネックストラップにぶら下げて
どこでも使えるようにします。

DSC_0017_R.JPG 

 

 

・ソニーモバイル卓上ホルダ02 02SOPUA

DSC_0002_R.JPG

同梱品。卓上ホルダとアタッチメント、取説、保証書。

DSC_0008_R.JPG

XZ 単体用のアタッチメントが最初についています。

DSC_0009_R.JPG

ウラは粘着になっていて、保護シートが貼られていました。

DSC_0010_R.JPG

私は、スタイルカバータッチをXZにつけているので、それ用のアタッチメントに交換。

DSC_0011_R.JPG

アタッチメントがない状態。

DSC_0012_R.JPG

アタッチメントを交換。

DSC_0013_R.JPG

「Type-C変換コネクタ付両面USBケーブル U03」を刺します。
卓上ホルダの入力部もType-Cになっています。
本当は、せっかく変換コネクタになっているので、卓上ホルダ専用につけるのは惜しいのですが、
今はこれしかないので仕方がありません。

DSC_0014_R.JPG

DSC_0015_R.JPG

XZ を取り付けたところ。。

2016-11-17 11.34.01_R.jpg

装着具合も上々です。まあ、ソニー純正なので当たり前ですが。。

2016-11-17 11.34.55_R.jpg

2016-11-17 11.35.16_R.jpg

 

あとは、ソニーストアで取り扱いの「ACアダプター  UCH20C」を購入しておきたいところですが、
11月上旬発売予定が11月下旬以降発売予定になっていて、まだ手に入りません。
これには、microUSBケーブルもType-Cケーブルも付属しているようなので、XZ発売時に間に合うように
発売してくれていたら、苦労なしだったのですが。。

XZ はクイックチャージ3.0 に対応しているらしいのですが、このソニー純正のACアダプターには
今のところ対応しているかどうかの記述や説明はありません。
Xperia XZと X compact に対応しているそうなので、
クイックチャージ3.0 に対応していると
願いたいのですが。。専用品なので。。

 

しかし、純正アクセサリーは、皆、高価ですね~。ボッタクリではないでしょうか。。

MicroB-TypeC変換アダプタと卓上ホルダは、僅かですがdocomo online shop のほうが
安価でした。
MicroB-TypeC変換アダプタはキャリアのロゴが違うだけで同等品のようです。

ホント、商売していますね~。。 

ソニーストアの「ACアダプター  UCH20C」も発売が開始されたら購入するかもしれません。
クイックチャージ3.0に対応していなかったら、ムリして購入することもないでしょうが。。
今のままでも、まだ支障は出ていないので。。

 

と、いうことで。 

 

 


Xperia XZ にStyle Cover Touch を取り付け、スマホリングを付けてみました。 [デジモノ]

どうもです。

お題のとおりで、スタイルカバータッチに落下防止を考えて
スマホリングを付けてみました。

 

買っておいたスマホリング・・・Spigen と阪神タイガースのコラボデザイン、
1000個限定品と言われているものです。

阪神ファンなのでね・・・限定とか書かれると弱い^^;

でも、目的はちゃんとスマホの落下防止です。

2016-10-08 18.15.45_R.jpg

箱の裏に取説。。車内にも取り付けられるようですね。

2016-10-08 18.23.54_R.jpg

XZ とスマホリング。。

2016-11-04 20.49.35_R.jpg

スタイルカバータッチのウラに。。

2016-11-04 20.48.13_R.jpg

付けてみます。う~ん、何か浮いていますね。。カバーの色がブラックならもっとしっくり来たのでしょうけど。。
正直、異物感が少し漂います。。

2016-11-04 20.58.47_R.jpg

リングを立てて指を通し、持ってみます。

2016-11-04 21.01.09_R.jpg

確かに落下する確率は減りそうです。接着は、ゲル状の粘着です。接着剤ではありません。

2016-11-04 21.01.48_R.jpg

リングは好きな角度に動きます。

2016-11-04 21.02.08_R.jpg

リングを立てると。。

2016-11-04 21.14.26_R.jpg

スマホを立てることも出来ます。

2016-11-04 21.03.47_R.jpg

これに、ネックストラップの先端部を付けます。Xperia Z1のストラップホールに付けていたものです。

2016-11-04 21.05.59_R.jpg

元々はネックストラップを付けて首から下げて使いたかったのです。なので強引に付けてみました。

2016-11-04 21.07.25_R.jpg

首から下げて、チョット引っ張ってみましたが大丈夫そう。。

2016-11-04 21.12.58_R.jpg

本当は、スタイルカバータッチの外観を損ねたくはなかったのですが・・・異物感もありますが・・・
これなら、首にかけてシャツの胸ポケットに入れても落下は防げそうです。
また、首に下げたまま、XZを使うことも出来そうです。

まあ、様子をみてみます。。

でも、スマホにストラップホールを以前のように設けてほしいですね。。要望です。

 

 




阪神ファンなら1個いかがですか?

 

 

 

 


Xperia XZ SOV34 に機種変更しました!あと、オプション品も購入。。 [デジモノ]

どうもです。

阪神も秋季キャンプに入った今日この頃。。

私は3年使ったXperia Z1 から、Xperia XZ に。
キャリアはau なので、SOL23 からSOV34 に機種変更しました。

カラーはフォレストブルー。ミネラルブラックとどちらにするか迷いましたが、
Xperia acro 、Xperia acro HD 、Xperia Z1 とずっとブラックできたので
今回は目先を変えました。

昨日(11月2日)au のみならず、各キャリアがこの機種の発売日になりました。

私は発売日前にauショップで予約をしましたが、その時に充電ケーブルや保護ガラス、
カバーが発売日に入荷するかを尋ねたところ、情報がない、とのことで、au online shop で
以下の3品を念のため予約しました。

Type-C 変換コネクタ付き両面USBケーブル U03 (結構いいお値段・・・)
・Style Cover Touch (フォレストブルー)
・3D 保護ガラス/フォレストブルー (かなりいいお値段!^^;)

Amazon等で色々発売され始めていましたが、私はau純正品が間違いなかろうと
思い、いいお値段ですけど(しつこい?)買いました。同日に自宅に到着しました。

結果的には、11月2日にauショップにXZを取りに(つまり契約)行った時に聞くと
Type-C の充電ケーブルはすでに在庫がなく、ネットで取り寄せておいて正解でした。
microUSB ではなく、USB Type-C にUSB端子が変っているのが今回のネックです。

iPhoneなどは充電機器一式が本体と一緒に付いて来るようですが、XZのみを予約した
人は充電、どうしてるだろう、と思いましたが。。
(まあ、docomoとかで変換アダプタを手に入れてもいいのでしょうけど。。)

では、能書きはこの辺にして、拙いですが写真を。。

 

・Type-C 変換コネクタ付き両面USBケーブル U03
これはau のみの扱いのUSBケーブルのようです。microUSB とType-C の両方が
1本で使えます。

2016-11-02 17.56.10_R.jpg

2016-11-02 18.35.38_R.jpg

2016-11-02 18.37.39_R.jpg

こうすると、microUSB 。

2016-11-02 18.37.52_R.jpg

繋がっている変換アダプタをかぶせるとUSB Type-C 。

2016-11-02 18.38.08_R.jpg

 

・Style Cover Touch (フォレストブルー)
これはau online shop で予約販売していましたが、本家ソニーストアでは予約ではなく
11月2日に購入可能になったようですが、手に入りにくいようです。本体発売日に手に入って
よかったです。

2016-11-02 17.55.19_R.jpg

2016-11-02 18.39.52_R.jpg

オモテ

2016-11-02 18.46.38_R.jpg

開くと・・・XZ本体にキズがつかない配慮が。。

2016-11-02 18.46.56_R.jpg

背面

2016-11-02 18.47.13_R.jpg

 

・3D 保護ガラス/フォレストブルー
これは、非常にいいお値段(さらにしつこい?)ですが、au online shop での製品説明で
保護ガラスを付けたところにStyle Cover Touch をかぶせるとガラスとカバーが干渉しないのか?
Style Cover Touch のウリであるカバー上からの操作が出来るのか?の疑問が解消されます。
ちゃんと動作確認製品として書かれていました!なので、いいお値段でしたけど、購入を決めました。

2016-11-02 17.54.27_R.jpg

そして、チョット(いやだいぶ)残念なコトが。。四隅にカラーが入っているのですが、そこに接着剤を
付けているので、その関係か、XZの上面のSONYのロゴが覆われてしまいます(-_-)
SONY好きでXperia好きな人間にはSONYの主張を消してしまうのは残念無念。。 
でも、まあ、表面の保護を優先させます。。ちなみに透明な部分には接着剤はついておらず、かすかな
スキマをわざと開けています。(気泡とかができない)

2016-11-02 18.13.15_R.jpg

 

 

で、お待ちかね、本体の開梱。美しい箱です。。

2016-11-02 17.57.42_R.jpg

中はこれだけ。。

2016-11-02 17.59.43_R.jpg

オモテです。

2016-11-02 18.08.26_R.jpg

背面です。

2016-11-02 18.08.35_R.jpg

 

で、3D 保護ガラスを付けました。SONYのロゴが~~

2016-11-02 18.25.32_R.jpg

本体ウラ(保護ガラスはありません!) 

2016-11-02 18.33.57_R.jpg

ガラスの光沢も相まって非常に画面も鮮明です。
(ちなみに充電も早速しています。開梱時は充電50%でした。)

2016-11-02 19.03.17_R.jpg 

 

お次は、Style Cover Touch を付けます。すると・・・

2016-11-02 19.06.08_R.jpg

ちゃんと、設定アプリが立ち上がります。(スクリーンショットでなくてすみません) 

2016-11-02 19.06.30_R.jpg

2016-11-02 19.07.03_R.jpg

一応、画面の明るさ設定はOFF にしておきました。

2016-11-02 19.07.53_R.jpg

フタを閉めているとこんな感じに。。

2016-11-02 19.09.54_R.jpg

画面を点けるとこんな感じ。チョット、もやがかかった感じになるのは仕方がないとして。。
タッチ操作は問題なく出来ます。

2016-11-03 02.28.00_R.jpg

充電中の表示も見やすいです。

2016-11-02 19.32.51_R.jpg

 

一応、こんな感じでしょうか。。

で、最近のXperia というかスマホ・・・ストラップホールがないのがチョット不便。
私はネックストラップを取り付けて落下を防ぎつつ使用しているのですが、これでは出来ない。。

 

強引に解決を試みるヒントがコレ。。
試してみたら、またレビューします。。

2016-10-08 18.14.39_R.jpg

2016-10-08 18.15.45_R.jpg

 

ではまた。

 

 



 

  ↑ 限定1000個という話なので買っときました! 

 

 

 


前の10件 | - デジモノ ブログトップ